タダマンは良いことばかりではありません。

割り切りやソープに比べて安くエッチが出来るという魅力はありますが、その反面でデメリットもあります。

タダマンのメリット・デメリットをもう一度確認していきましょう。

只丸が書きました~

タダマンのメリット

タダマンの最大のメリットは、上にも書いたとおり「エッチという行為自体にお金を払わないで済む」ということでしょう。

数をこなすとホテル代だけでも結構嵩んでしまいますが(笑)、それでも割り切りに比べれば圧倒的に安く済みますし、車内やカラオケルームでエッチすればタダ同然となります(自分はほとんどしませんが)。

セフレにすれば、都合さえ合えば好きな時に好きなようにエッチすることも出来るようになり、彼女や奥さんには出来ないプレイも思う存分楽しめるというのも大きなメリットでしょう。

また、割り切りのようにお金が動機ではないので、会っていく中で恋愛感情が生まれてくるケースがかなり多いです。彼女を作りたいという方には一石二鳥と言えます。

タダマンのデメリット

一方で、恋愛感情が生まれてしまうが故にトラブルになるケースもあります。

あなたにそのつもりがないのに相手が恋愛感情を持ってしまった場合、最初からセフレという約束でエッチしていたのであれば断りやすいですが、そうでない場合は相手は付き合っているつもりになってしまっていたりとトラブルになりがち。

相手がストーカー化してメールや電話がひっきりなしにかかってきたり、本名を教えている場合はググられたりfacebookの検索などからあっさり身バレすることもあります。

恋愛感情なしだとしても、相手が既婚者で旦那にバレたなどのトラブルになった場合、割り切りよりも遙かに高い可能性で慰謝料を請求されますので、結果的に高く付いてしまったという人も多いようです。

自分は割り切り前提で会ったことがないので何とも言えませんが、普通に考えれば割り切りよりもタダマンの方が難易度が高いので、すぐにエッチしたい!という場合に相手が捕まえられない可能性が高いのもデメリットと言えるかもしれませんね。

只丸が書きました~