ここはあえて「タダマン」ではなく「ネットナンパ」とさせてもらって、自分がネット上でナンパするときの心得を紹介します。

あくまで個人的な心得でありこだわりなので、100%真似した方がいいとは思いませんが、参考にしてもらえればと思います。

只丸が書きました~

1.18歳未満には絶対手を出さない

皆さんご存じの通り、18歳未満と性行為(それに準ずる行為も?)をするのは犯罪です。

高校卒業したての18歳も十分過ぎるほどピチピチで楽しめるというのに、なぜ敢えて18歳未満に手を出したがるのかわかりませんし、そもそもネットナンパ自体が自分の人生をかけるほどの価値があるギャンブルとは思えません。

茶飯だけなら18歳未満でもOKでしょうけど、そのあとエッチ出来そうな流れになってしまったら悔しいので(笑)、18歳未満だったら会うことすらしないようにしてます。

皆さんも、18歳未満には絶対に手を出さないようにしましょう。

2.セックスだけを目的にしない

タダマン狙いの男、その中でもタダマン経験が無い男ほど「セックスという行為そのもの」が目標になってしまっています。

やり方自体が間違っているとは言いませんが、サイトのプロフィールやメールで既にヤリ目臭がプンプンしてたり、ようやく会えたとしても「セックスしたい!」オーラが出てたら、ほとんどの女性は引きますって。

あくまで「女の子と楽しい時間を過ごす」事が目的であり、セックスはその延長にあるご褒美だと考えるようにすると、気持ちに余裕を持って臨めますし、何より女性にもメールや一緒の時間を楽しんでもらえるようになります。

3.セックス抜きで満足しない

2と矛盾するようですが、いくら楽しい時間を過ごせても、結局セックスが出来なかったら楽しみ半減ですよね。

女の子とのコミュニケーションは楽しむけれど、それだけで満足する事なく、最終的にベッドイン出来るように話題を持っていったり、雰囲気を作ったりすることを忘れてはいけません。

もちろん1回目でセックス出来ない子もいますから、そういう場合にはごり押しせずに次回に繋げられるようにしましょう。

また、「出会うためには話題を盛り上げることが重要!」とメールで趣味の話をするのはいいのですが、盛り上がっただけで終わってしまって、実際に会うところまで行かなかった・・・という人も多いので、これも注意。

メールのやり取りは実際に会うためのプロセス、会うのはセックスするため、という事を忘れないようにしましょう。

4.相手は「生身の人間」という事を忘れない

「タダマンに成功したことはないけど色々なサイトを見て流れやテクニックは知ってる!」というような人は特にですが、「○○をすれば返信率が高い」「○○をすると成功する」とゲームの攻略のように勘違いしがちですし、実際そういう攻略法を探してネット検索する人も多いでしょう。

相手はゲームのキャラクターではなく、生身の人間です。

確かに成功しやすいパターンなどもありますし、自分の中で成功例を積み重ねてテンプレートを作っていたりもしますが、その場の流れや雰囲気で臨機応変にメール・会話が出来なければ到底タダマンなんて出来ません。

あくまで一人の人間として向き合い、しっかりとコミュニケーションを取ってお互い楽しく過ごせるように心がけましょう。

只丸が書きました~